Riko

1969年生まれ。

生まれも育ちも長崎。

昔、キリシタン大名がいたせいか教会やクリスチャンが多い長崎。幼少時からキリスト教に興味があり18歳から4年間モルモン教に熱心に通う。しかし他の宗教にも熱心な信者がいるので誘われるまま実際行ってみたりしたが、各々が真の教えだという根拠を示そうとすれば皆似たような思い。自分の所だけが特別だとどう証明できるだろう・・神は複数なのだろうか・・など腑に落ちず、そのうち教会からも何からも足が遠のいた。

それから20年以上たち、ミステリースクールに通うようになり、多くの神々の存在を知る。

 --------------------

2007年、看護師を辞め夫より1年遅れで長女と共に上京。

​まもなく夫の内服治療が始まる。

うつは悪化と緩解をくり返していたが、

2015年末、長年の治療でかなり身体に負担が積み重なっていた上に、今回はとてつもなく非常に心をえぐる事象。これは薬でなんとかなるものだろうか、・・・私は非常に限界や焦りを感じた。

幸い、医師もしばらく様子をみようと積極的な治療にすぐには踏み出さず。

​私は、以前どこの病院でも全く改善しなかったHiroの耳閉感が、たまたま出会った一度の靈氣で、一時的にしろすっかり取れた事を思い出し「霊氣ができる人」で検索し、あるサロンにたどり着いた。

その後のHiroのヒーリングによる変化は、長年ウツの治療を見てきた私にとって、とても偶然や気のせいとは思えないものでした。

​2016年春に私もヒーラーになり、学びを続けています。

イベント用に作成.jpg
動物に好かれやすい
​Hiro
Hiro

                                   1962年生まれ。

                                   生まれも育ちも長崎。

大学卒業まで長崎居住。当時まだ珍しかったコンピューターを専攻。大卒後、東京や福岡でシステムエンジニアとして勤務したのち、帰郷して某会社に就職。結婚。

​​

2006年再び上京した翌年、抗うつ薬を飲み始め眠気などで退職。

食べ物が砂のようだという味覚障害や摂食障害、テレビや音楽などの音が耐えられない等のため薬がかなり増える。半年後、軽快し就職。

小康状態で内服を続けながら8年程務めたころ、ある出来事が重なり再び重症化、胃が食べ物を受け付けなくなる。

胃潰瘍で通院中の医師にはメンタルの方で治療をと言われ、心療内科では既に内服していたため、食欲増進効果もある胃薬と流動食でしばらく様子をみようとなる。

​​

更に少しずつ体力も気力も落ちていく中、ミステリースクールのヒーリングに出会う。

​​

その後も様々なヒーリングを受けて更に変化していく中、自身も2017年春にヒーラーになる。

内服薬は、最初に睡眠薬が不要になり、さらに

量や種類がゆっくり減っていき、約2年という時を経て2017年末、全てなくなりました。

​​

人生を好転させてくれるヒーリングで、

自分もどなたかのお役に立てると嬉しいです。

yama.jpg
​山の中だと疲れ知らず
Riko